季節の行事(秋)

酉の市とは

例年11月の酉の日に行われる酉の市は、大酉祭や酉の祭、お酉様とも言われている祭り行事で、威勢よく手締めして熊手を売る祭の賑わいは、年末の風物詩でもあります。

元々、酉の市は関東地方に所在する大鳥神社や鷲神社など鳥や鷲にちなんだ寺社の年中行事でしたが、今では関東地方以外でも全国各地で行われており、愛知県の稲園山七寺や静岡県の大安寺、大阪府の大鳥大社は酉の市でも有名です。

この酉の市の起源には諸説ありますが、大酉祭の日に立った市を起源とする神道の説が有名です。

また、この市に農民による収穫祭が加わって今のお祭りが誕生したとされています。

酉の市では招福の縁起物を飾った「縁起熊手」を売る露店が立ち並んでいますが、元々は縁日の境内で農具として売られていた熊手や鍬が元となっており、次第に縁起物がつけられ現在の装飾熊手の由来となったとされています。

縁起熊手以外にも福財布や破魔矢、粟でつくった黄金餅などの縁起物が授与されます。

年越しそば、除夜の鐘とは

大晦日に年越しそばを食べるようになったのは江戸時代に入ってからの事です。

年末仕事が多忙な商家から始まった説、ある金細工師がそば粉を丸めてそば団子をこしらえ、畳板についた金粉を集めたことから、来年も儲かりますようにと願って年越しそばの風習が始まったという説などがあります。

そばは腰が強く長いので、寿命が延び、末永く商売が繁盛するようにという願いが込められたという説や、また他の麺類と比べて切れやすいことから「この一年間の災いを断ち切る」ともいわれています。

各地で、みそかそば、つごもりそば、運気そば、などいろいろな呼び名があります。現在では全国的な風習となり、地方によってはうどんを食べる地域もあります。

除夜の鐘は大晦日の深夜に寺で新年を迎える午前0時をはさんで突かれる鐘の事です。

仏教では鐘を突く事は煩悩を払うとされ、人間の百八つの煩悩を払い、心身ともに清らかな状態で新年を迎えるために鐘を突くといわれています。

地方によっては寺院に直接出向き鐘の音を聴きに行ったり鐘を突きに行くことがありますが、テレビやラジオで鐘の音を耳にすることのほうが多くなっています。

Releated Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です