ブライダルに参加する際のカラーコーデとは?

結婚式に着用していってはいけない色として白を思い浮かべる人は多いかと思います。

大人の場合は白を避けていくなどはあっても子供の場合はどうなのか?となると判断が難しいといえます。

中学生以降からは制服や振袖などでの参加が多くなりますが、幼児や小学生高学年までの基準としては非常に難しいといってもいいでしょう。

 

 

白で思い浮かべるのはウエディングドレス

 

白が結婚式で好ましくいないとされるのは花嫁のドレスや白無垢との色のかぶりになります。

参列者は花嫁と同じ色を着用しないのは暗黙のルールのひとつになっていると医状態ですが、実際の所必ずしも着用してはいけないということはありません。

前述のように花嫁の存在がオンリーワンではない状態を作らないために女性の参列者は白以外のカラードレスなどをえらぶことがほぼルールになっているともいえる状態です。

 

和装などは白などがほとんどないために白無垢と被ることなどはそこまで懸念されませんが、カラードレスなどは白を基調としたものなどは選ばない方が無難とされます。

また、極端にドレス丈の短いものやレースが多すぎるものなども避けた方が無難と言えます。

女性などで多いのはカクテルドレスやサテン生地などのシックなドレスなどが多く、丈もひざ下、ロング丈などが一般的なラインとされています。

膝上などのドレスの場合にもあまり派手になりすぎないようにしておくといいでしょう。

 

 

子供のドレスコードは?

 

子供さんなどのドレスコードは大人よりも緩やかですが、可愛いからと言って白ベースのドレスなどは避けたほうがいいでしょう。

昨今でおおいのが子供さんの神飾りとしてティアラなどを乗せるなどがありますが、ティアラなどもベール持ちやフラワーガールを依頼されていない場合や、花嫁からの打診がない限りはやめておいた方がいいでしょう。

あくまで結婚式の主役は花嫁であり、子供さんであっても花嫁と同じようなものは避けるべきといえます。

ですが、小さな子供さんほど白系のシンデレラドレスなどを着用したがりますが、ドレスの選択の際に事前に白などを外して行くのも大事になります。

 

 

 

 

フラワーガールなどを頼まれた場合

 

花嫁サイドからフラワーガールやベールガールを頼まれた場合は、事前にどの様なドレスがいいのかを打ち合わせておくことが大事になってきます。

花嫁の希望に沿ったドレス姿にしておくことでトラブル回避などにもつながります。

フラワーガールなどで花嫁のドレスとカラーコーデなどの指定がある場合は、花嫁の希望に沿ったものを準備しましょう。

 

 

 

ドレス等であるトラブル

 

白などもですが、カラードレスなどでもウエディングドレスに近いような派手なものはトラブルを招きやすくなります。

特に女性のドレスなどは花嫁との今後の関係などにも影響を出しやすいものになってしまうので、シンプルなデザインなどが大事になってきます。

カラードレスなどでも装飾がシンプルであれば問題も起きにくいと考えていいでしょう。

 

ミニワンピやミニドレスなどが流行にはなっていますが、あまり足を出し過ぎるのも問題になることがあります。

これは参列者が新郎新婦の友人などの場合は親族などから「常識の無い友人を持っている」などと認識されることも多く、参列者の品格も新郎新婦に影響を及ぼしてしまうという状態になるといってもいいでしょう。

 

参列者もある程度の品格を意識することは結婚式においては双方の関係をよくすることになります。

 

男性の場合はフォーマルもしくはスーツで

 

男性の場合は礼服が最も無難になりますが、立食や会費制などで「平服でOK」という表記の場合はスーツなどでももんだいはありません。

男性の場合はドレスコードなどで問題になることは少ないですが、白のスーツなどは避けておくほうがいいでしょう。

 

男性の場合は意外と見落としてしまうのが「靴」になります。

靴が汚れていたり、ドレスコードにあっていない場合などが出てくることなどがあるので礼装用の靴などを持っていない場合はレンタルなどを利用するといいでしょう。

貸衣装やドレスレンタルというと女性をターゲットにしているというイメージがありますが、男性のレンタルも多く取り扱っています。

礼服などはそこまで使用しないという理由で購入しないひとも少なくはなく、この場合はレンタルなどで靴やかばんなどもセットで準備することでドレスコードのミスをなくすことができます。

準備する時間などが少ない場合はレンタルなどでそろえるのもおススメになります。

 

会社の付き合いなどが多い場合は一度レンタルで一式を見てから、次回に祖なぜて購入するなどもおススメになります。

礼装などを揃えるにもどのようなものがあるのかがわからないなどはレンタルで一度チェックできるというメリットもあります。

レンタルした際に自分の好みなどもわかることなどもレンタルのメリットと言えます。

 

 

 

 

 

二次会でのドレスコード

 

 

男性の場合はそのまま二次会参加でももんだいはありませんが女性の場合はストールなどでアレンジすることなども多くなります。

また、二次会から参加の場合は男性はスーツなどが一般的になります。

女性の場合はカクテルドレスなどでもいいですが、ワンピースなどでももんだいはありません。

礼装などよりもカジュアルよりにしても二次会からの参加の場合はOKと考えてもいいでしょう。

ですが花柄や柄の大きなものなどのカジュアルすぎるものなどは避けておくのも無難な部分でもあります。

二次会はドレスコードの指定がない場合も多いですが一般的な事例として上記の様に考えておくといいかもしれません。

 

また、二次会には子供さんなどは連れていない方が無難になります。

これは二次会が親しい友人や会社の同僚などがメインになることとアルコールなどが多くなることなどから子供さんなどにはあまりふさわしくないという部分と、アルコールの誤飲などを避けるためになります。

 

急性アルコール中毒は大人でも重篤な症例になりやすいものですが、幼児などの場合はさらに顕著になり、死亡例などもあります。

誤飲などを避けるためにも、子供連れでの参加はしないほうがいいでしょう。

どうしても子供を連れて行かなければいけない状況などの場合は二次会を断るのもスマート方法になります。

 

 

幼児などがぐずったりした場合にも二次会ではアルコールなどを摂取している大人が披露宴よりも不快感をあらわにしやすいなどが出てしまい、トラブルの原因にもなりかねません。

二次会の会費分のプレゼントや商品券などを後日、送ることなどでも失礼に当たらないので子供さんなどが小さい場合は断わるのも一つの方法になります。

 

二次会を途中で抜ける場合

 

事前に二次会を途中退席するのがわかっている場合は新郎新婦と幹事に事前に伝えていくことでスマートに退席することができます。

体調不良などでの退席の際にも、新郎新婦と幹事に一声かけて退席すれば問題なども起こりにくくなります。

披露宴から二次会までは長丁場になるので不調を感じた場合には無理にアルコールなどの飲食はせずに退席しても失礼には当たりません。代行などを頼む場合には二次会の会場などに声をかけておけば途中退席の際にも代行が来たという時点で退席ができるので、退席時間がわかる場合は事前に二次会の会場に代行を頼んでおくのもスマートな退席を行える方法の一つと言ってもいいでしょう。

お勧めの記事→結婚式をあげるにあたって必要なもの

Related Posts