暦の読み方

今日は日がいいとか悪いとかいういい方があります。これは六曜の暦が基になっていて、大安や仏滅などのことです。

普段はあまり気にすることがないかもしれませんが、冠婚葬祭では気にする人も多く、仏滅だと結婚式場が割引になるなどといったこともあります。

六曜の中で一番いい日とされているのが、大安で「たいあん」と読みます。

大いに安しからきていて、万時に用いて吉とされているので婚礼やお祝い事には特によい日です。

逆に仏滅は「ぶつめつ」と読み、仏も滅亡するくらい最悪な日であり、すべてが凶であるとされる日になります。

赤口は「しゃっこう」と読むのですが、字からはあまりイメージできないかもしれませんが、祝い事などは大凶とされるくらい仏滅に次いで悪い日で特に干物に注意が必要な日です。

ただし、正午の一瞬だけは吉となる不思議な日でもあります。先負は「さきまけ」で、先勝は「せんしょう」「さきかち」と読みます。

字から連想できると思いますが、先負は午前中が凶で午後は吉になり、先勝は逆で午前中がよく午後は凶といった具合になります。

最後に友引ですが「ともびき」と読み、友を引くということから葬儀はしない方がいいとされる日です。

大安と仏滅

大安や仏滅は六曜の一つです。

六曜とは冠婚葬祭などに関係している日取りの事で、それによって様々な事を決めるのが一般的です。

現在では気にしない人も増えてきていますが、それでもまだまだ気にする人は多くいます。

仏滅とは仏様も滅してしまう様な最悪な日の事を言い、実際に結婚式はこの日を避けて行われます。

何事をするのにもダメな日、NGな日という理解をしておきましょう。

反対に大安は六曜の中でも最も良い日とされており、仏滅とは全く正反対の何事においても良い日、全て成功する事が期待できる日と言う風に言われています。

勿論結婚式などにも向いている日なので、この日に結婚式を挙げるカップルは少なくありません。

ただ実際にはこういった大安や仏滅などの六曜を全く気にする事無く結婚式を挙げるカップルは存在しています。

ちなみに、文字から受けるイメージから行くと仏滅に葬儀を行うのは良くないと思う人もいますが、実際にはそうではなく葬儀などを行ってはいけないと言われているのは友引です。

Related Posts