結納と結婚式

結納の作法

結納とは結んで納めるという文字の通り、両家が親類となって結びついたことを祝い、贈り物を納め合うという意味合いがあります。

結納をすませると、結婚をするという約束を交わしたことになります。

地域などによって作法ややり方などにも違いがあるのが一般的ですので、余計なトラブルにならないように必ず事前に両家の間で確認しましょう。

結婚式の3ヶ月前~6ヶ月前に行うのが良い時期と言えるでしょう。

日取りは六輝(六曜)の中で大安や友引といった日の午前中におこなうのが縁起がいいと言われています。

結納には正式と略式の2種類があります。正式の方は仲人が両家を往復して9品の結納品(目録)や結納金を届けるものになります。

略式は両家のどちらかの家やホテル、レストランなどに一同会して結納を交わすスタイルです。

結納品の数も減らして簡易的なものになります。結納品として婚約指輪を送ることが多いです。最近では略式で行う人の方が多いです。

結婚式の服装

結婚式の服装に悩んでしまう人は少なくないことでしょう。

服装は、結婚式が昼間に行われるか、夜に行われるかによっても異なってくる場合もありますが、日本の場合は、たいてい、同様に考えて良いかもしれません。

もし、日中にお庭などの屋外で行われるような場合には、あまりにもドレッシーな服装ですと、浮いてしまうことにもなりかねませんので注意が必要です。

その他の場合でも、特に夏の暑い時期などはノースリーブやキャミソールのようなタイプの服装をしてしまいがちですが、肩を出すのはマナー違反になりますので、ショールなどを羽織るようにしましょう。

また、色についてですが、白やクリーム色などの淡い色は、ブライダル衣装を連想させ、花嫁のための色ですから、避けるようにしたいものです。

あくまでも、主役は花婿さんと花嫁さんであって、自分は、二人の幸せをお祝いする立場にあるということをしっかりと自覚して品のよい服装を心がけましょう。

Related Posts