お通夜、葬儀の作法

香典の作法

お通夜や葬儀告別式のどちらかにしか参列することができない場合は、その時に香典を出せばいいのですが、両方に参列するときには注意が必要です。

例えば関東の場合はお通夜で出すのが一般的ですが、関西などではお葬式の時に出す風習があります。

ですから自分の常識ではなく、その地方の習慣に合わせるということも必要なマナーになります。

金額については自分の年齢や相手との関係の深さの程度などによって変わりますので、臨機応変に対応しましょう。

一般的な相場としては、親戚は一万円以上、親族以外は五千円程を包むことが多いようです。

逆に少なすぎる金額の場合は通夜ぶるまいや香典返しなどの金額の方が多くなってしまうので、遺族の負担になりますので避けたほうがよいでしょう。

また香典に使用するお札は避けるのが作法です。

新札は死を予想して用意していたと感じられるためですが、診察しか用意できなかった場合は、一度折り目をつけてから香典袋に入れましょう。

お通夜の作法

お通夜とは元々は故人の親族や近親者が集い、一晩中寄り添いながら最後の時を過ごすというものでした。

今では通夜式が一般的となり、葬儀・告別式またはお通夜のどちらかに参列するという風習が強くなっています。

しかし、その作法には元々の意味が絡んでくるので注意が必要です。

まず、お通夜に参列する際の服装ですが、葬儀・告別式と違い喪服ではなくてもマナー違反にはなりません。

グレーや紺など地味な色の平服や肌色のストッキングでも構いません。

ただし、今は喪服を着用する人が多いので、訃報からお通夜まで時間がある場合は喪服を着た方が無難です。

式でお焼香をした後、親族から通夜ぶるまいという食事の席を勧められますが、通夜ぶるまいも故人への供養になりますので断ってはいけません。

ただし、長々と食事をするのもまたマナー違反なので、適度に過ごしたら退席することが好ましいです。

その際、知り合いがいたからといって大声で雑談したり、笑い声をあげないように注意が必要です。

葬儀、告別式とは

葬儀、告別式は亡くなった方との最後のお別れの場となるセレモニーです。

故人の家族、親族、友人、会社の同僚、近隣住民の方など縁ある非常に多くの方があつまる傾向にあります。

一般的には、出棺、通夜をおこなった日の翌日午前中に行われ、その後に火葬や中陰法要や初七日法要を行うことになります。

家族や親族以外の方は、一般的には通夜や葬儀、告別式までの参列となり、火葬以降は家族や親族のみの立会いとなりますが、仲の良かった友人の方などは喪主の方の意向で以降も立ち会うケースもあります。

午前中に行うことから、平日に行う場合は参列者の数も、夜間に行われる通夜と比べても少なくなる傾向にあります。

そのため通夜においては、参列者に対して通夜振る舞いといった食事などのおもてなしを行いますが、葬儀、告別式ではそういったおもてなしはありません。

葬儀、告別式のみに参列された方に対しては、香典返しの他に、お供えのお菓子やお花を配ることで感謝の気持ちを表すケースもあります。

葬儀の服装

親しい方の訃報のお知らせを受けたときに準備しなければならないのが喪服です。

参列する側は親族や関係者に失礼にならないような略式の礼服を着用するのが一般的とされています。

あまりきちんとした正装ですと親族や関係者の礼装より格上になってしまう事がありますので控えめにします。

お通夜、葬儀、告別式共に基本はブラックフォーマルです。

男性の場合は、ブラックスーツに白シャツ黒無地のネクタイが基本となりタイピンはつけません。

女性は黒のスーツやワンピースで控えめなものにし肌の露出の少ない物にします。

ストッキングや靴は黒にします。バックはショルダーバックは避けます。髪型やメイクは控えめにし、長い髪は結びましょう。

男女共に時計や派手なアクセサリー、光物は身に着けません。

一連のパールのネックレスまででしたら大丈夫です。動物の毛皮や皮などは死を連想させるためタブーです。

葬儀の服装は基本的には遺族の心情に寄り添い故人を偲ぶためのものですから常識的な範囲で選びます。

年忌法要とは

年忌法要とは、故人の冥福を祈るために行われる法要のことです。

故人がなくなって四十九日までは追善供養と言い、それ以降に行われる法要のことを年忌法要と言います。

年忌法要は命日から一年目、三年目、七年目など、節目となる年に行われる法要で、一周忌と三回忌は四十九日の法要の次に大事なものだと言われています。

本来は命日と同じ日に行われるものでしたが、現在では出席者の都合などもあるため命日に近い週末に行われることが一般的となっています。

回忌の数え方は独特で、故人がなくなって一年目が一周忌、その翌々年が三回忌になりそうな感じがしますが、実際はその翌年が三回忌となり、三回忌以降は亡くなった年を一年目と数えて年忌法要が行われます。

  • 一周忌
  • 三回忌
  • 七回忌
  • 十三回忌
  • 十七回忌
  • 二十三回忌
  • 二十七回忌
  • 三十三回忌
  • 五十回忌

と、五十回忌まで行われるのが一般的です。

その家や宗派などにもよりますが、ほとんどは七回忌以降は家族だけなどの少人数で行われることが多くなってきます。

Related Posts