披露宴のペーパーアイテム:席次表

席次表を作る際の注意点

結婚式に向けて様々なペーパーアイテムの用意が必要となりますが、中でも披露宴での席次表はゲスト様も多くなるとお席のレイアウトに迷って、なかなか決められないというカップルも多くいらっしゃいます。

席次表は招待状の返信がすべて届いてからの作成になりますので、時間もあまりありません。

その中で失敗しないオリジナリティ溢れる席次表を作るための基本的な注意点を書かせていただきます。

お席の配置ですが、新郎新婦に最も近い席が上座、最も遠い席が下座になりますので、上座から

  • 主賓
  • 上司
  • 先輩
  • 友人
  • 親族
  • 家族
  • 両親

となります。

両親は披露宴ではゲスト様へのご挨拶周りやお酌などをすることになりますので末席になります。

またゲスト様のお名前、漢字、肩書きに間違いがないように、十分チェックしてください。

お子様の敬称は「くん」や「ちゃん」でも可能です。また、お子様に引き出物はお渡ししませんので、引き出物マークは不要です。

席次表の作成は出来れば披露宴を行う会場で注文すると良いでしょう。プランナーが確認出来て、急な欠席や変更などにも迅速に対応することが出来ます。

最近は席次だけでなく新郎新婦のプロフィールやメッセージなどを入れたりと、披露宴が始まるまでの時間もゲスト様に楽しんでいただけるような個性的な席次表が増えています。

折角の晴れの舞台ですから、最初から最後までゲスト様へのおもてなしの心を忘れず、自分たちも準備から楽しみたいというカップルが多く見られるようになりました。

これから席次表をご用意されるカップルの皆様もゲスト様に好印象を与えられるような素敵なペーパーアイテム作りに励んでくださいね。

 

出典:ブライダル館

Related Posts