披露宴と招待状のメッセージ

結婚式の招待状の書き方

挙式の約2か月前に出すのが招待状です。

事前に送ってもよいかを聞いてから送るのが一般的で、それによって結婚式の列席者人数を決めていきます。

招待状は縦書きのものや横書きのものなど様々で、デザインも種類が豊富です。

式場で注文することもできますし、ネットでペーパーアイテムだけ購入して自分でプリントするなどの手作りも可能です。

招待状は見開きのものが大半です。

まず招待状の中身としては、片面には時候の挨拶から始まり、挙式・披露宴への列席をお願いしたいという旨を綴った文章を書きます。

文章はプランナーとしっかり話し合って決めましょう。もう片面には当日の概要を書きます。

  • 日付
  • 受付時間
  • 挙式・披露宴時間
  • 場所

などです。とても大切なところなので、時間など間違えないよう気を付けましょう。

また、受付、乾杯の挨拶、友人スピーチなど何か役割をお願いしている方には付箋にて「当日はよろしくお願いします」などのメッセージを必ず添えましょう。

結婚式の招待状の構成

招待状の構成ですが、まずは

  • 本状
  • 会場案内の用紙
  • 返送ハガキ
  • 必要に応じて付箋

が最低限封筒に入れるものです。返送ハガキには必ず寿用の切手を貼った状態で同封します。

そしてすべての書類をそろえた封筒ですが、これも招待状の向きによって縦書きと横書きがあります。

そして必ず毛筆で宛名を書きます。ボールペンや薄墨の毛筆は避けましょう。

すべての準備が整ったら、郵便局で必ず重さをチェックしてもらい、それに応じた金額の寿切手をすべてに貼って郵送します。

間違ってもポストに投函しないようにしましょう。

Related Posts