還暦プレゼントでよろこばれるものとは

祖父母もしくは両親が還暦を迎えた際にはプレゼントを渡してお祝いをするのが一般的です。

その中でどのようなものが喜ばれるのかは人それぞれで異なります。

そのためプレゼントを渡す際には事前にリサーチをしておくのが無難です。

人によっては本人に何が欲しいのかを聞いてそれを渡すケースもありますが、できれば何も言わずにサプライズで渡して喜ぶ顔が見たいと思うのが自然です。

どのようなものが喜ばれるのか、その傾向を知っておくことが大事です。

還暦プレゼントの相場を知る

まず還暦プレゼントの相場を知るところから始めます。相場として両親であれば3万円程度です。

ただあくまでも目安であり、1万円程度にする人もいれば5万円や10万円と多く出す人もいます。

最初に値段を決めておくと何を贈りたいかを決める際に目ぼしいものを探しやすくなるので最初に設定しておくことをおすすめします。

また祖父母に渡す場合は両親と一緒に贈るのかそれとも孫だけで贈るのかでかなり異なります。

孫だけで贈る場合はあまり値段は関係なく、心をこめたものであればかなり喜んでくれるはずです。

還暦祝いのプレゼント、ハズレがないのは旅行券

贈り物として、この場合に無難なのは旅行券です。

1泊2日の無料宿泊券を渡すケースや数万円分の旅行券を渡すケースなど様々ですが、近年はカタログギフトのようなものを渡してどこに行きたいかを自分たちで決めてもらうことも行われています。

これなら相場にあわせた選択がしやすく、自分たちが気に入ったものを選んでもらえるため確実です。

サプライズ性は若干落ちますが、自分たちが還暦を迎えてこれだけのものを用意してくれたという心意気に感動してくれるはずです。

お酒類も喜ばれる

食事の際にお酒を嗜む人に贈る際にはお酒類もかなり喜ばれます。

お酒の種類は実際に還暦を迎える人の嗜好で変わり、ワインや日本酒などが考えられます。

1万円を出せばそこそこなものは用意できるため、お酒が大好きな人にすればかなりうれしいプレゼントです。

ここで行える一工夫として、例えば還暦を迎える人の名前を入れることや感謝の気持ちをラベルにするなどです。

口で言うのは恥ずかしくてもラベルなどで表現することにより、その感謝をストレートに伝えられます。

こうした名前入りのギフトはお酒に限らず、様々な場面で使われています。

似顔絵・メッセージボードという選択肢も

お金をあまりかけずにしかもオンリーワンのプレゼントをする場合には似顔絵やメッセージボードがおすすめです。

似顔絵はプロにお願いして描いてもらう場合と孫に描いてもらってそれを記念品としてプレゼントするケースがあります。

どちらも心をこめたものであり、他にはありません。メッセージボードでは還暦以降、楽しい人生を過ごしてほしいという願いをこめられます。

このように定番のものだけでなく、様々な形で感謝の気持ちを伝えられます。

欲しいものは何かを考えるだけでなく、これを機会に普段は言い表せない気持ちを伝えていくことも必要です。

自分たちを思って考えてくれたことにもらう側は感動します。その感動が伝わるようなものを贈れば大丈夫です。

 

参考記事→還暦祝いにもらって嬉しかったものは?喜んでもらえるプレゼントの選び方

Related Posts