結婚式・披露宴の招待状の文例

おめでたい結婚式の日取りが決まり、披露宴を開催することが決まったら、新郎新婦はとても忙しく、その日まで過ごすことになります。

その一つに招待状の発送という仕事もあります。披露宴のゲストとして、親せき関係や、仕事上の上司。

友人にお披露目を兼ねて結婚披露宴を行うのですが、参列していただきたい相手の抜粋から始まり、招待状を送るのですが、どのような内容で送るべきでしょうか。

まず、結婚式の会場であらかた用意されている文章がありますが、自分たちの今までの感謝の気持ちを込めて、オリジナルの招待状を作る方も増えています。

その際の文章としては

文例1

「ささやかながら今までの感謝の気持ちとして、宴を開催いたしますので、お時間の許す方は参列していただきたくお願いします」

という内容のものです。

また、最近では、そのあとの文章に新郎新婦の両親からのメッセージとして、同じような文面ですが、

文例2

「このたび、若い二人の新たな家族の誕生を見守っていただきたく、お願い申し上げます。」

など。

心がジーンときそうな文面も加わり、アットホームな招待状になっていることも最近の傾向です。

また、披露宴の前にはほとんど行われる、人前式・神前式などから参列してほしい場合には、その尼も重ねてお知らせするのが良いでしょう。

結婚披露宴の封筒には、おめでたい寿の切手を貼り投かんするのがよいでしょう。

郵便局にそれを伝えればきっと「おめでとうございます」と祝福の言葉とともに売ってもらえるでしょう。

一生に一度の結婚式。ぬかりなくがんばってくださいね!

 

出典:ブライダル館

Related Posts