結婚式・披露宴の招待状への返事について

招待状の返事を出す際の注意点

結婚式や披露宴の招待状というものは、親しい友人や家族なら前もって知らされていることが多いのですが、あまりやり取りの多くない友人や少し離れた親戚などからだと、いきなり届いてしまうこともあります。

そんな時に困るのが、招待状の返事についてです。

大抵の招待状には返信用のはがきなどがついていますので基本的にはそれに書いて送るだけにはなっていますが、初めて届いた際は何かと不安があります。

そこで、結婚式、披露宴の招待状の返事について注意点をご説明します。

まず宛名です。会社員の方などは慣れているかもしれませんが、通常こういった返信用のはがきなどは、宛名の最後が「行」になっています。

これをこのまま送ってしまっては失礼なので、二重線で消して横に「様」と書き入れましょう。この際、宛名の文字よりも多少大き目に書くと良いとされています。

なるべく早く返事をしよう

また、届いたら早めに返事を出すことも大事なポイントです。

早めに届けば相手は人数の把握が早めにできるので非常に助かります。遅くとも一週間以内に返事を出した方が良いでしょう。

次に裏面ですが、ほとんどの場合、「御出席」「御欠席」のどちらかに丸をつける形となっています。この際も、「御」という一文字は必ず二重線で消しておきましょう。

そして、出席か欠席か選ぶ方に丸を打つだけではなく、選ばなかった方は二重線で消したほうが分かりやすくなります。

そして後半は自分の名前、住所などを書く欄になっているはずです。

この欄についても、御芳名、でしたら「御芳」の二文字を、「御住所」でしたら「御」を消しておきましょう。

基本的に敬語となっている部分は消す、と覚えておくと良いかと思います。

 

出典:ブライダル館

Related Posts