喜寿祝いでのプレゼントの選び方

喜寿とは77歳まで長生きしたことをお祝いし、その長寿に祝う人達もあやかろうという意味合いがあります。

もともと、草書体の「喜」の字が「七十七」に見えることから「喜寿」と名付けられたともいわれています。

昔は数え年で祝うことが多かったので、76歳になる正月か誕生日にお祝いをする家庭が多かったですが、現在では満77歳の誕生日にお祝いすることが一般的です。

家族や親しい人とお祝いすることに意味がありますのでお祝いの日は柔軟に変えることができます。

喜寿祝いは、プレゼントを贈ることが多いですが、お祝い金を贈る方もいます。

現金ですと1万~3万円といった金額が参考にありますが、プレゼントですと、5千円~5万円程度までと幅広く相手に合わせた選ぶことができます。

目上の人である場合など、贈る相手との関係もありますので、無理がない範囲で心のこもった贈り物をすることが大切です。

喜寿祝いにおすすめのプレゼント:お花

喜寿のお祝いで人気のあるプレゼントは色々ありますが、好みがわからない方や女性の方には花を贈ると喜ばれます。

花はどんな人がもらっても嬉しいものですし、気持ちが温かくなるプレゼントの一つです。

花言葉で相手を覚える言葉などを選ぶとより喜んでもらえるでしょう。花の手入れやガーデニングをする方であれば、鉢植えなどの花でもいいです。

胡蝶蘭など高級感があるものを選べば、鉢植えでも立派なプレゼントになります。

喜寿祝いにおすすめのプレゼント:日用品など実用性のあるもの

形が残るプレゼントも人気です。茶わんなどの日用品や趣味で使える物など実用性のあるものが選ばれています。

選んだ品物に贈る方の名前を入れてよりオリジナリティの高いプレゼントにすることもできます。健康や体を気遣った贈り物は、喜寿だからこそ映えるものです。

毎日の生活で使える高級靴下や寝具類、座布団や体を温めるものなどは男女ともに喜ばれます。

77歳は高齢ですが、まだまだ元気でスポーツや仕事をしている方もいるのでその方のライフスタイルに合ったものを贈ることが重要です。

贈る相手の趣味や趣向をあらかじめ知っておくことでベストなプレゼントを贈ることができるので、事前に欲しいものなどを聞くきっかけがあればより選びやすくなります。

喜寿祝いのプレゼント、基本カラーは黄色

喜寿のカラーは黄色なので、黄色にちなんだ贈り物を一緒に贈ることもあります。

70歳の古希では紫を贈った方もいるかもしれませんが、覚えておくと色の選択に便利です。

プレゼントとともに贈って喜ばれるのがメッセージや言葉のプレゼントになります。

喜寿では、長く元気でいることへの感謝やこれからの健康を願うメッセージを添えましょう。

家族や知人との食事会で喜寿をお祝いすることが多いですが、その時にプレゼントがあることでよりサプライズを演出することができます。

思い出の写真を合わせて持っていくと、思い出話にもより花が咲くでしょう。

人生で1回の喜寿祝いを成功させるために、プレゼント選びは慎重に行ってください。贈る相手にもその気持ちが通じるはずです。

 

参考記事→喜寿のプレゼントはどんな基準で選べばよいか

Releated Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です