季節のお便り

季節のお便り

日本には季節ごとに手紙を送るという文化があります。そしてその手紙の冒頭には時候の挨拶が添えられます。

このような季節にふれた挨拶により私たちは四季を感じることができ、これらはとても美しく贅沢な風習といえます。

手紙に添えられる頭句には季節ごとに使用される慣用句もありますが、自分の言葉で季節を表した文言を頭に持ってくることで、手紙の気持ちが強く相手に伝わるでしょう。

季節のお便りを送るきっかけとしては、

1年の行事

  • 1月:遅い年賀状、寒中見舞い
  • 2月:節分、バレンタインデー
  • 3月:ひな祭り、卒業、合格祝い
  • 4月:入学・就職お祝い、転勤
  • 5月:端午の節句、母の日
  • 6月:父の日、梅雨入り
  • 7月:暑中見舞い、中元、七夕
  • 8月:残暑見舞い、お盆
  • 9月:敬老の日
  • 10月:月見、ハロウィン
  • 11月:喪中見舞い、紅葉狩り
  • 12月:クリスマス、御用納め

があります。

日本古来の風習から、近年新たに一般化された風習まで様々ですが、折々にひと手間かけてご挨拶し合うというのは美しい風習です。

手紙の書き方

手紙と言えば手軽に書く事が出来るイメージがあるかもしれませんが、相手によっては正しいマナーで書く必要があります。

先ず忘れてはいけないのが相手の名前です。最初にそれを書き、その次に季節の挨拶を入れましょう。

季節の挨拶としてはその季節について感じる事が出来る言葉を入れるのが一般的です。

ただそこで難しい言葉をあえて使う必要はなく、自分なりの表現をしたとしても何ら問題は有りません。

文面に関しては出来るだけ誤字・脱字がないようにする事と、読みやすい字を心掛けると言う事がポイントです。

そして最後に終わりの挨拶を書き、自分の名前を記して終了と言う事になります。

終わり方として適切なのは季節の事を書き、相手の健康、もしくは相手のご家族などの健康について書くと良いでしょう。

そうすればうまく文章をまとめる事が出来るので、分かりやすく理解してもらいやすいマナーに習った手紙を書く事が出来ます。

またできれば起承転結を少し心掛けるとより良い文章作りが出来る様になります。

Related Posts