70歳を祝う古希祝いの贈り物について

「古希」とは

70歳のお祝いを昔から「古希」といいます。

由来は中国の唐時代の詩人である杜甫の詩に登場する「人生七十古来稀」という一節からだと言われています。

現在では満70歳で祝うことが一般的ですが、しきたりに沿うなら数え年で祝います。

本来、還暦以外の長寿のお祝いは数え年で行なわれるものです。

昔は60歳まで存命するのは珍しく、だからこそお祝いも本格的なものでした。

しかし70歳までの存命ともなればかなり稀であり、当時の人々にとってはあまり考えられない事であったため、数え年に定められたといわれています。

なお還暦と古希に続く長寿のお祝いは

  • 77歳の喜寿
  • 80歳の傘寿
  • 88歳の米寿
  • 90歳の卒寿
  • 99歳の白寿
  • 100歳の紀寿

という順番になっています。

「古希祝い」のいろは

そんな古希祝いの贈り物については厳しい取り決めはありませんが、一つだけしきたりがあります。それは色です。

贈り物には紫色が入ったものを選ぶようにすることが古希の贈り物に関するしきたりとなります。

理由は簡単で、還暦のシンボルカラーが赤色のように古希のシンボルカラーが紫色だからです。

また贈り物を郵送する場合は古希祝いの前日か当日までに届くようにし、表書きには「長寿御祝」など書いて長寿のお祝いの品だと一目見て分かるようにすることが礼儀となります。

表書きは直接届ける場合でも添えておくものなので要注意です。とはいえ、贈り物を選ぶ際に色にこだわる必要はありません。

何故なら基本的に長寿のお祝いには決まりはなく、贈り物のジャンルもプレゼントから食事会まで幅広いからです。

しかし先述したように古希祝いに招待された場合、贈り物とは別に用意するものがあります。

それはのしです。祝う主役との関係によって袋に入れるべき金額は異なりますが、大体五千円から一万円が適切といえます。

水引は何度でも繰り返したい意味を込めて紅白か金と銀の蝶結びのものを選び、表書きには「古希御祝」など書くことがマナーです。

 

出典:古希のお祝い屋

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です