結婚の作法

結婚のご祝儀の作法

人生の一大転機、そして最良の日とも言えるかもしれない、結婚。

自分自身の時はもちろんですが、友達や職場の同僚、自分の我が子や親戚の子などが結婚が決まった時でも、嬉しいものです。

今やブライダルは一大産業。結婚が決まった人がいれば、親しい人なら結婚式に招待されることもあるはずです。

その時には、やはりお祝儀を用意して持って行くのが大原則です。でもそう何度もあるわけでもない結婚式への出席。

お祝儀を渡す時の基本的な作法は、ぜひ出席前にチェックしておさえておきたいものです。

まずはお祝儀袋。入れる金額によって違いますが、額が大きくなればなるほどお祝儀ぶくろも立派になります。

お店の人にいくら包む予定ですといって教えてもらってもいいかもしれません。

額は友達や同僚などの関係なら3万円が一般的。姪っ子や甥っ子、自分の兄弟姉妹なら10万円、ということもあるかもしれませんが、家族だけに家族で決めてもいいかもしれません。

そして渡す時はふくさと呼ばれるものに包んで、渡す直前に出して受付の人に渡しましょう。

何よりも大切なのはお祝いする気持ちですが、だからこそ、基本的なマナーは知っておくといいですね。

結婚祝いの作法

結婚祝いに何を選ぼうかと迷ってしまう人も少なくないかもしれません。

しかし、結婚祝いの場合、大抵は、その人のことを前から良く知っているという立場にあることでしょうから、ブライダルとなると他のお祝いとは多少、異なってくるでしょう。

それは、本人に新生活で必要なものを直接聞いてみる、ということです。

お歳暮やお中元などでは、何が欲しいかなど、相手には聞きづらいものですし、たとえ聞かれたとしても、正直には答えないことでしょう。

しかし、結婚祝いを品物にする場合には、新生活のためのもの、と目的もはっきりしているので、聞きやすいですし、聞かれた側も答えやすいものです。

友達や職場の仲間で、お金を出し合って、大型の家電製品や家具などを選ぶというケースもよく見られるようです。

ただし、新しい生活に使うからといって、包丁やナイフなど、縁が切れるようなイメージがあるものは選ばないようにしましょう。

また、できれば、品物だけでなく現金も添えたいものです。

結婚お返しの作法

入籍や結婚式などブライダル関連のセレモニーには多くの方からお祝いをいただくことになります。

こうしたお祝いは必ずお返しをするのがマナーとなります。

まず結婚式において、受付やスピーチなど、ゲストの中でも特にお世話になった方へは、引き出物などとは別にお礼の気持ちをあらわさなくてはなりません。

その際には、金一封を当日中にお渡しするようにし、その場合も新郎新婦ではなくご両親から渡すようにするとスムーズになります。

もし、それが難しい場合は後日、できるだけ早く渡すようにしましょう。

また結婚式に参列せずお祝いをいただいた場合は、お返しとして品物や商品券をおくるのではなく、内祝いとして頂いた額の半額程度の品物を贈るのがマナーとなります。

内祝いはお返しとして贈られるのが現状ですが、もともとはおめでたいことがあったので、内々でお祝いさせていただくことで品物を贈ることが由来となるため、金券などよりも品物を選ぶことが重要です。

Related Posts