母の還暦祝いに贈っていいものといけないもの

母が還暦を迎えた際、感謝をと長寿を願ってお祝いを贈ることを考えている方も多いでしょう。

しかし、どんなものを贈ると喜んでもらえるのかということで悩んでしまう場合も少なくないのではないでしょうか。

もちろん、相手が喜んでくれるものを贈るのが第一だと言えますが、還暦祝いの際に贈っていいものといけないものがあるため、そのことをあらかじめ知っておく必要があります。

母の還暦祝い、「死」「苦」「老い」をイメージするようなものをプレゼントするのはNG

まず贈ってはいけないものについては、「死」や「苦」、そして「老い」を連想させるものが挙げられます。

還暦にあたる60歳という年齢は、最近では第2の人生をスタートさせる年齢というイメージがあるため、新しい人生を始めようとしているときに「死」や「苦」をイメージさせるものは縁起が悪いということです。

それにご本も気分を悪くしてしまうこともあるでしょう。そして60歳というとまだ現役で頑張っておられる方も大勢いるため、「老い」をイメージさせるものもタブーだと言えます。

母の還暦祝いに贈ってはいけないプレゼントの例

では、具体的にどんな贈り物を避けたほうかよいかというと、まず「お茶」が挙げられます。

年齢の高い方の中にはお茶が好きな方が多いため、贈り物にピッタリだと思いがちですが、お茶は香典返しとして使われることがあるためお祝いの品物としては向いていないとされています。

次に挙げられるのは「老眼鏡」です。当然、老眼鏡は老いをイメージさせるものであるため避けるべきですし、ご本人が欲しがっている場合でも、別の機会に贈るほうが無難でしょう。

そして女性がよく使う「櫛」もタブーとされています。櫛は「苦」と「死」を連想させる語呂になっているため避けるのが常識とされていますし、他にも9や4といった数字にまつわるものも避けたほうがよいといえます。

さらに女性の場合は花を贈ると喜ばれますが、贈ってはいけない花もあります。それは「椿の花」であり、椿は首が落ちるという死のイメージがあるため避けるのが常識とされています。

逆に贈ると喜ばれるプレゼントは?

一方で、還暦祝いで贈っても問題がなく、喜ばれるものとしては、女性の場合だと「花」が挙げられます。

還暦では赤い色のものを贈るのが習わしになっているため、赤いバラを60本贈るのが人気になっていると言われていますし、長く楽しむことができるプリザーブドフラワーもよいと言えます。

そして女性の場合は「アクセサリー」も定番であり、ルビーやガーネットがあしらわれた、ネックレスやペンダントなどが贈られることもよくあります。

さらに、物を贈るだけでなく、食事に行ったり旅行をプレゼントするのもよいと言えます。

食事の場合は、普段なかなか行けないような高級料理のお店に行くと、お祝いにふさわしい特別な気分が味わってもらうことができるでしょう。

そして旅行の場合は、温泉宿でのんびりとしてもらうのものよいですし、一流ホテルのエステを楽しんでもらうのも一つのアイデアだと言えます。

いずれにしても、相手の好みをよく知った上で贈り物を選ぶことが重要になると言えるでしょう。

 

参考記事:贈る前に確認!母の還暦祝いに贈って良いものといけないもの

Related Posts