77歳の喜寿の両親に旅行をプレゼント

喜寿とは、77歳の誕生日を迎える年にするお祝いです。今の時代の平均寿命は、男女とも、80歳を超えています。

米寿のお祝いをしてもらう人達も多くいますので、喜寿は、まだまだこれからも元気でいてほしいという願いをこめて、家族や親族等がお祝いをします。

両親の喜寿のお祝いには、子供達がプレゼントを贈ると、記念になり、とても喜ばれます。

元気でいる両親が多いですが、77歳という年齢を考えて、無理のないプレゼントをすることが大切です。

両親の喜寿祝いには、旅行をプレゼントするのがおすすめ

たとえば、これくらいの年齢の時には、ふたりで旅行をすることが可能です。

これから先には、無理が生じることでも、喜寿を迎える頃には、自分達の足で歩いたり、交通機関を使って、少し遠いところまで出かけていく元気があります。

喜寿を迎える頃のプレゼントは、旅行が向いています。旅行のプレゼントは、旅行社の発行している旅行券などがあります。

その券を使い、両親が行きたいと思うような場所へ行けるよう、子供達は手続きを手伝うと、スムーズに進みます。

旅をすることは、自宅から目的地までの交通や宿泊先、さらには、どういったところを訪ねて過ごすのかを、あらかじめ計画を立てておくことが必要になります。

子供達が助けながら、無事に旅が出来るよう、気配りをすることも、喜寿のお祝いの贈り物となります。その場合、子供の視点で予定を立てることは控えるようにします。

その都度、両親に意見や希望を聞きながら、家を何時くらいに出て、何時くらいに宿泊先に着くのがよいのかから始めるようにします。

宿泊先は、どういうところがいいのかも、両親の希望に沿ったところを探すようにします。

喜寿を迎える年代の人達は、日頃、自宅で過ごすことが多くなります。食事等も、自宅がメインとなっていますので、たまには外で、美味しいものを食べたいと願います。

食事については、そういった願いが叶えられるよう、食事内容についても一緒に考え、選ぶようにします。

宿泊と食事がセットされたプランは、到着してから色々と選ばなくてもよいため、安心出来ます。

インターネット等で調べたり、ツーリストで相談をすると、宿泊先や食事内容について、詳しく教えてくれます。

こういった情報を頼りにして、両親が到着先で迷うことなく、ゆっくりと過ごせるように、準備をします。

余裕をもったスケジュールを立てることが大事

若者の旅とは違い、ある程度、余裕をもった計画を立てることも必要です。旅先で、具合が悪くなっては、せっかくのお祝いの意味がありません。

観光の計画も、タクシー等を使い、1日に動く範囲を広げすぎないように、伝えるようにします。

当日のふたりの体調によって、臨機応変に動けるよう、当日決められることは、当日決めるようにしておきます。

あまりすべてがセットされてしまうと、窮屈で、忙しさも感じるため、よい旅行が出来ません。

あくまでも、喜寿のお祝いなのですから、両親ふたりが旅先で、ゆっくりと、そして楽しく過ごせるように、気配りをします。

 

↓こちらの記事もおすすめ↓

両親の喜寿のお祝いに旅行をプレゼントしよう!

Related Posts