神社と厄除け

厄年と厄除け

厄年は不幸なことや災難なことが多い年齢のことで、平安時代に広がり現在でも続いています。

そもそも厄年という考え方は温尿道の考え方に基づいていて、本来は厄年ではなく役年である程度の年齢になり社会に貢献することができるようになったという意味合いもありました。

その一方で体調面や社会的な役割に大きな変化が出やすい年齢でもあるため、厄にあいやすいと信じている人も多く神社などで厄除けをする人も珍しくありません。

厄年は男女によって年齢が違います。

男性は25歳、42歳、61歳が厄年で、特に42歳は、死にとも読めるので非常に大きな厄である大厄とされています。

女性は19歳、33歳、37歳が厄年で、33歳はさんざん、つまり散々なことが起こるということにつながるとして大厄になります。

また各厄年の前年と後年は、それぞれ前厄、後厄といわれ気をつけたほうがいいとされています。

厄は自分だけでなく家族にも災いがかぶりやすいと言われていますので、心配な方は厄除けや厄払いをするとよいでしょう。

お宮参り

お宮参りは赤ちゃんが健やかに育つように神様に祈る行事です。

男の子は生後31日目、女の子は生後32日目が良いとされますが、生後1ヶ月頃になったら母親の体調や天候など都合の良い時を見つけて神社に行きます。

生後1ヶ月の時期が夏や冬だと母親や赤ちゃんに負担がかかるので、季節を大きくずらすこともあります。

家族で近所の神社に行くだけでもお宮参りになりますが、神社に予約を入れて祝詞をあげるのが一般的です。

まず境内の手洗い場で手を洗って口もすすぎます。お賽銭をして鈴を鳴らし2礼します。そして柏手を2回打って、1礼します。

服装は母方の実家から送られた祝儀を赤ちゃんに着せますが、実際に参拝をするのは父方の祖母であるなど、両家の役割が曖昧になりつつあり、全員で神社を訪れることもあります。

主役は赤ちゃんなので、祖母や両親の服装は華美でないものを選びます。

お宮参りをしたら赤飯を作ったり、親戚と一緒に食事をしたりします。

Related Posts