水墨画家の吉山明兆について

吉山明兆は正平7年/文和元年(1352年) ~永享3年8月20日(1431年9月26日)の画僧と呼ばれる絵を描くことを主な仕事としていた室町時代に僧であった人物です。

明兆は日本の水墨画の開祖としても知られています。

明兆は現在の兵庫県である淡路国出身で、西来寺(兵庫県)で出家した後、臨済宗安国寺(兵庫県)に入り東福寺(同じく兵庫県)に住していた大道一以により画法を学びました。

その後、師であった大道一以の東福寺に入ります。

絵を描くことを好んだ明兆は僧として位が上がることを拒みました。初となる寺院専属の画家として大成しました。

輪郭線を強調した作風は、その後の日本の水墨画や仏画において大きな影響を残しています。

代表作には

  • 円爾弁円
  • 円鑑禅師像
  • 春屋妙葩像
  • 白衣観音図
  • 大涅槃図
  • 渓陰小築図
  • 五百羅漢図
  • 大道一以像

などがあり、そのほとんどが重要文化財として指定されています。明兆が住んでいた東福寺には明兆の描いた作品が残されています。

Related Posts