水墨画家の村石米齋について

村石米齋は書道家であり、水墨画家としても知られているアーティストです。

1949年10月13日、福岡県柳川市に生まれました。親が書道教諭として勤めており、幼い頃から書は身近なものであったようです。

福岡教育大学特設書道科を卒業した後、九州大学文学部美学美術史研究室の研究生となりました。

卒業後は県立高等学校で、親と同じ書道教諭を勤めました。

村石米齋は美大や専門教育は受けておらず、独学で水墨画を学んでいます。

しかし、今やフィラデルフィア美術館に数点の書が収蔵されるまでになりました。

代表作は大徳寺興臨院の襖絵で、これは1994年に制作が開始された大作で、完成は2008年のことでした。

2006年にはNHKハイビジョン特集の「天才画家の肖像『雪舟 画聖と呼ばれた男』」で「秋冬山水図(冬景図)」の実物大模写を行っています。

また、2008年には同じくNHK教育テレビジョン「新日曜美術館 王羲之『蘭亭序』なぜ書の最高峰といわれるのか」で、蘭亭序の臨書を行いました。

Related Posts