季節の行事(夏)

七夕とは

七夕は7月7日の夜に、願い事を書いた短冊を竹に吊るして星を眺めたり願い事を言ったりする行事です。

日本では古くから行われており、重要とされる五節句の一つにも数えられます。

昔の七夕は「乙女が着物を織って棚にお供えし、神様に豊穣や人々の穢れの除去を願う」という目的がありました。

乙女のことを棚機女と呼び、乙女が作る着物は棚機と言いました。七夕の有名な伝説は中国から渡ったものです。

琴座のベガにあたり織姫は縫製の仕事をしており、わし座のアルタイルである彦星は牽牛星として農業を司っています。

2つの星は1年に1回だけ7月7日の夜に天の川を挟んで光輝くので、織姫と彦星が再会を喜んでいると物語られています。

七夕で竹を使うのは、竹の生命力の強さが神聖なものと考えられていたためです。

中国の陰陽五行説によると、この世の全ての根源とされる青と赤、黄、白、黒の5色の短冊を飾ります。

他にも長寿を表す折り鶴や金運アップの財布などを飾ります。

お盆とは

お盆は祖先の霊を供養するための行事で、祖先の霊が家族の元に帰ってくる時期でもあります。

企業もお盆にあたる8月15日前後は休みとすることが多く、家族揃って迎えることができます。

8月13日は盆の入りと言い、祖先を迎えるために迎え火を行い、墓の掃除も済ませます。

地域によっては墓で迎え火をしてそのまま家に案内することもあります。

8月14日と15日の盆の明けは、法要や供養をし、16日は送り火をして祖先を送ります。

迎え火や送り火は祖先が迷わないためのものです。

お盆のしきたりは地方や宗派で異なりますが、基本的にお盆の時は位牌を仏壇から出します。

仏壇の扉は閉め、お盆専用の精霊棚に載せた位牌の前に盆花などの飾りを置きます。

盆花は逆さに吊るす花で、ほおずきやガマの穂が有名です。またきゅうりとなすを使い手作りの馬と牛も位牌の前に置きます。

きゅうりの馬は早く祖先が来ることを願い、なすの牛はゆっくりと帰ることを示しています。

お月見とは

旧暦の8月15日を十五夜と呼んでいて、美しい満月が見られるため、古くは平安時代から、月を観賞しながら宴が催されていたといわれており、今日までお月見として伝えられています。

満月が見れる日は、一年間に12回か13回あるとされており、なかでも旧暦の8月には最も美しい満月を見ることができます。

江戸時代からは、収穫祭として行われることとなり、現在ではお月見ができる場所にお供え物を飾って、穀物や野菜などが無事収穫できたことを感謝するようになっています。

美しい月を眺められる場所に月見台を置き、そこには穀物の収穫に感謝する意味で、おだんごを供えることが多いようです。

また、芋類や旬の野菜や果実などもお供えします。このほかにも、現在では稲穂の代わりにススキを供えたり、季節の草花でも良いでしょう。

お供え物が揃った月見台ができたら、一年のなかで最も美しい月を眺めながら、家族みんなで食事をしてみてはいかがでしょう。

Releated Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です