退職の贈り物に最適なオリジナル名入れとは

眼鏡ケース

 

名入れ

 

退職する方へのプレゼントとしては、名前を記した商品を渡すというオリジナル名入れが人気です。

名前が入ることで一気に心がこもった贈り物となり、いよいよ退職して長年勤めた職場を離れる方に感謝の気持ちを伝えられます。

名入れができる贈答用の商品は色々あるので、本人の名前やメッセージを入れたオリジナルとして渡すことが可能です。

 

使いやすさ・飾りやすさ

 

デスクまわり

 

最適なオリジナル名入れにするポイントは、日常生活で使いやすくて飾りやすいアイテムを選ぶことです。

長く会社や部署に貢献してきた人物を送り出す場で手渡すことが多く、その功績にふさわしい商品にすると盛り上がります。

完全な置物だと持ち帰りにくい上に場所だけ取ってしまうので、デスク等に自然に飾っておける実用品がベストです。

 

お酒のラベル

 

社会人にとっては、お酒は欠かせないパートナーです。

そのため、退職時にラベルに手書きのメッセージや名前を記したお酒の瓶を送るケースが多く見られます。

好みの銘柄の瓶に大きな文字で感謝のメッセージや夫婦の名前が書かれたラベルがあるのは壮観で、まさにサラリーマンとしての締めくくりにぴったりのギフトです。

瓶のラベルには大きな文字で文章を書くこともできるため、ただ名前を入れるだけよりも喜ばれます。

 

湯のみ・グラス・ジョッキ

 

ワイングラス

 

定年退職をした後には、それまで蓄えてきた貯金と年金によって第二の人生を送るのが一般的です。

それまで仕事一筋だった人間がようやく家族と一緒に過ごせることでもあるので、オリジナル名入れとして湯のみやグラスも定番の選択肢となっています。

結婚している方には夫婦一緒に過ごして欲しいという意味を込めて、ペアで贈るのも有効です。

湯のみには文字を書きやすいので名前と感謝のメッセージ、グラスではシンプルに名前と退職した日付などの記念日を記すパターンがよく見られます。

ビールをよく飲む方には、名入れをしたジョッキという選択肢もあります。

個人で家庭用に大きなジョッキをわざわざ買うケースは稀だから、長年のお勤めの記念として贈るのも一興です。

大きな品物は見映えがするので、帰宅した後にもビールを飲むたびに充実感を得られます。

凝ったガラス細工のオシャレなものを選ぶこともできますが、名前やメッセージを入れることを考えるとシンプルなデザインの方が適しています。

お酒を飲まない方には、バリエーション豊富なマグカップの中から最適なものを選びましょう。

 

眼鏡ケース

 

眼鏡ケース

 

高齢になると眼鏡が必須だから、携帯しやすくてデリケートな中身を保護してくれる眼鏡ケースも人気商品です。

高級感のある本革では開けた時に名前などの情報が目に入ってくるスタイリッシュな構図になるので、外で取り出しても様になります。

デスクの上に置くタイプがよく選ばれており、すでに持っていても使い分けによって有効活用できることからランキングの上位です。

 

フォトフレーム・オリジナルTシャツ

 

特別な日の記念品として人気が高いフォトフレームやオリジナルTシャツについても、名前や感謝のメッセージを入れることで良い思い出になります。

フォトフレームについては集合写真を添えるといった演出もできるので、新たな生活になってからも飾ってある写真を眺めることで過去を振り返られます。

オリジナルTシャツはインターネット上のWEBサイトで少量から注文できるから、複数の種類をセットにすることや他の贈り物と組み合わせることも容易です。

 

ミスマッチに注意

 

だめ

 

職場では色々な会話をするので、どういった趣味があるのか等のリサーチは簡単にできます。

予算に応じて選ぶ必要があるので、無理に高価な品物を狙うよりも感謝の気持ちをきちんと伝えることが大事です。

ただし、お酒が飲めない人にお酒の瓶を送るといったミスマッチになるとせっかくのサプライズが台無しだから、最低限の情報収集は行っておきましょう。

もしも自分がよく知らない人物に対して贈り物を選ぶ立場になった時には、詳しい人間に相談するかマグカップのように誰であっても間違いがない品物にするのが得策です。

 

USBメモリー

 

毎日出勤していた日常がなくなるのは、辞める人間にとって衝撃的な変化となります。

退職時のオリジナル名入れは次のステージへと旅立つ人間を勇気づける意味合いもあるので、可能な限り相手の事情にふさわしいものを選ぶのが基本です。

たとえば、定年になった後も他の職場や事業で活躍する予定の方には、USBメモリーのようにビジネスで役立つアイテムを贈るのも良い選択の1つになります。

品物としての値段を気にするよりも、自分のことを理解してくれているという実感を与える方がスマートです。

 

キーケース・ストラップ

 

キーケース

 

キーケースやストラップといった小物類も、名前を入れて手軽に使えるアイテムとして選択肢になります。

小さくて持ち運びやすい上に男女を問わずに贈れるので、事情があってまだ若い年齢で辞めていく人にもぴったりです。

職場として贈る場合には十分な予算を確保できますが、個人的に贈る時にはリーズナブルな小物類などでエールを送りましょう。

状況と辞める理由を考慮した品物を選ぶのが、成功させるコツです。

 

参考記事→生の声が参考になる!職場の上司が喜ぶ「定年退職祝い」の贈り方

Related Posts